採用情報

研修

ヤマト運輸は人材を大事にしています。社員は会社の重要な資産であり、会社の発展とともに、社員にも明確なキャリア方向性を示すことが重要です。社員に仕事の知識と作業に必要なスキルを習得するチャンスを与えるため、各職位の社員へ定期的に研修を行います。

入社研修

日本宅急便配送サービスを理解させてもらい、現場社員のスキルアップを目指します。品質向上のため、ヤマト運輸は新入社員に新人研修、安全研修と復習研修など一連の研修を提供します。

新人研修

会社の経営理念と商品など基本情報の紹介に限らず、新人研修では日常の仕事に関わるスキルを身につけてもらうことに重点を置いています。例えば高品質のサービス、集荷と配達手順、営業方法、お客様の対応、荷物の扱いと安全研修などの内容があります。

安全研修

安全指導長が自ら「安全第一」の概念を教授します。「安全運転手」として、良好な運転態度と安全意識を確認してもらいます。また、ドライバーの安全な運転技術を保ち、「零事故」の目標を達成を目指します。



新人再検討研修

社員のやる気と品質向上のため、新人研修の後、新人再検討研修を実施しています。仕事上の知識と高品質のサービスを再確認します。

専門技能研修

中間管理職と管理職の社員向けの専門的な管理技術研修も実施しています。会社の各方面の運営と管理スキルを教授し、社員の統率力を高め、現在の管理スタイルを改善します。
グループリーダセミナー

各地域のグループリーダが定時に新人教育方法、運営改善対策とクレームの対応などの課題について互いに相談と勉強し、運営知識とサービス品質向上を目指します。
AAM研修

AAM(アシスタントエリアマネージャー)の管理知識を深めるため、ケース研究、実際体験などを通じて、運営管理、営業、品質監督などの知識を学び、会社の経営理念への理解を深め、仕事に活用します。
海外研修

マネージャーが日本、シンガポール、マレーシア、台湾などのアジアエリアでの研修に参加し、海外地域の実際運営状況を見学します。海外の運営と管理経験を学び、サービス品質を高めます。

他の研修

初、中、高級の研修以外に,日本語基礎クラスと社外研修などの他の研修も定期的に行います。
日本語基礎クラス

日本語基礎クラスは少人数クラスで行います。ロールプレイ、映画観賞などを通じて、初級日本語を教えます。発音、挨拶、単語と会社用語(宅急便、コレクト)なども日本語クラスの内容に含まれています。
社外研修

社員の継続研修を積極的に進めます。業務に関する社外研修に参加する際、手当を支給します。